パブリック・コメント

パブリック・コメント結果

いただきましたご意見の結果は、以下のとおりです。

住宅の質の向上及び円滑な取引環境の整備のための長期優良住宅の普及の促進に関する法律等の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備に関する政令案等に関する意見募集

説明 「住宅の質の向上及び円滑な取引環境の整備のための長期優良住宅の普及の促進に関する法律等の一部を改正する法律」(以下「改正法」という)の一部施行に伴い、「長期優良住宅法施行令」、「宅建業法施行令」、「不特法施行令」、「長期優良住宅法施行規則」、「住宅品確法施行規則」及び国土交通省の所管する法令に係る民間事業者等が行う書面の保存等における情報通信の技術の利用に関する法律施行規則(以下「e-文書法施行規則」という)の一部改正を行う。
参考リンク
募集期間 2021年08月27日 から 2021年09月20日 まで


本件に関しまして、1件のご回答を頂きました
ご協力ありがとうございました

No 質問 回答
1 参考リンクの概要をご確認頂き、ご自由にご意見をお書きください。なお、ご意見はどの法令のどの箇所に関するものかが分かるよう、具体的に明示してお書き願います。

住宅において「量」が必要であった時代から引き継がれた慣習から、少子高齢化の急速な進展や環境問題の深刻化等の社会経済情勢の変化に伴い、住宅及び居住環境の「質」の向上が求められてる時勢に変化した現代において、見直さなければならない慣習が多々明るみになっている中で、足枷になっている部分の排除や、円滑で効率よく目的を促進していくための整備は重要であると思います。現場の実態やコスト等を踏まえた合理化を進める一方で、一戸建てや共同住宅など特性が異なるものへの適正な対応と、省エネ対策を含めそれぞれに適合した水準の検討と、日本特有の気候や国民性を踏まえた普及促進と配慮も必要ではないかと思います。